ブログお引越し

日本から17時間遅れて、
カナダでも2006年を迎えました。

昨年は様々な方にお世話になりました。
ありがとうございました。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

新たな年、ということで、
ブログを引っ越しました。
(本当は容量が足りなくなったためです)

引き続き見ていただければ、とてもうれしいです。

http://fuyutta2.exblog.jp/
[PR]
# by fuyu-take | 2006-01-01 17:35 | イベント

VANCOUVER!!

兄が来て2日目。
ポールと3人でカルガリー市内を観光した。
e0067453_16165581.jpg
レストランで。トイレの個室のドアがガラスでびっくりした。きちんと閉めると、白くにごる。

私のスキーウェアを探した。兄からのプレゼントの予定。
試着を繰り返し、やっと決めたのに、
兄が「高いから」と難色を示し、結局買わなかった。
学校を案内し、ポール家へ向かった。
おいしい夕食をご馳走になり、みんなでローラースケート場へ行って遊んだ。
翌朝、空港まで送ってもらい、
バンクーバーへ。
e0067453_16195252.jpg
ダウンタウン。結構都会だった。日本語がよく聞こえた。
e0067453_16223284.jpg
お昼ごはんはフランス料理を食べた。雰囲気が良く、薄味でおいしかった。
e0067453_16231755.jpg
私たちが泊まるfairmontホテル。クリスマスツリーは、一月半ばくらいまでしまわないらしい。
e0067453_16243640.jpg
部屋はこんな感じ。

昨日、買えなかったスキーウェアを探し回った。
カルガリーよりはるかに高い。
ポールの「バンクーバーで買うよりカルガリーで買ったほうがいい」との忠告を聞けばよかったじゃないか、お前が日本からウェア持ってこないからだろ、と一時兄と険悪なムードになったが、
お互いもう子どもではないので、
すぐ落ち着いた。
結果として、機能性がいいウェアを買えたのでよかった。 
e0067453_1632688.jpg
夜のダウンタウン。
[PR]
# by fuyu-take | 2005-12-30 16:37 | イベント

兄と、感動の再会

オランダの友達リアナが明日帰ってしまうので、
二人でチャイナタウンに点心を食べに行ってきた。
いつもは香港の子と3人だったのだけれど、彼女は旅行中。
仲良くなったウエイターさん(アーツェン)が、
今日も私達のところにやってきてくれた。
リアナが明日帰ることを伝えると、箸をプレゼントしてくれた。
私はまだ4ヶ月帰らないことを言うと、
明日僕はオフと何とか言って、
電話番号を聞いてきた。
その人と食事をしてみるのも楽しそうかなと思ったので 
教えたのだが(母、怪しい人じゃないから心配しないで)、
後でよく考えたら、間違った番号を教えたことに気づいた。
ごめんねアーツェン☆

夕方、マリオットホテルのロビーで兄を待った。
予定時刻になっても姿が見えず、
飛行機遅れているのかなと心配させた挙句、
30分後にやっと現れたと思ったら、
開口一番、
「思ったより変わってないね。もっとぶくぶくかと思った」。
……。
大好きな妹に久しぶりに会えたうれしさのあまりの、
照れ隠しだったのだろう。
部屋に行って落ち着き、
近所の和菓子屋、いとうさんがくださった(うれしすぎる>_<)おいしい和菓子をいただいた。
e0067453_1875130.jpg
左の箱の中身は、桃山3つ、お芋のお菓子2つ、最中4つ。すごい勢いで食べる私を見て兄が、「どうりで太るわけだ」とぼそっと言った。

ダウンタウンにあるタイ料理屋さんに行った。
e0067453_18123029.jpg
パパイヤサラダと、チキンカレーと、魚のフライ。おいしかった。

その後ホテルのすぐ隣にあるカルガリータワーへ。
e0067453_1814451.jpg
夜景がきれいだった。
e0067453_18144368.jpg
床がガラス張りになっているところは、足がすくんだ。子ども達は無邪気にガラスの上を走り回っていた。

ホテルに戻ってジム行って少し運動して和菓子をほぼ食べ終え(残り二つ)、私は寮に帰った。
駅に途中、2人のおじさんに話かけられて怖かったので無視して走った。
[PR]
# by fuyu-take | 2005-12-28 18:24 | イベント

Medicine Hat の写真

e0067453_191172.jpg
カルガリーからMedicine Hatまで3時間半、ずっと茶色い景色が広がっていた。
e0067453_19114037.jpg
牛たち。窓を開けていなくても、くさかった。
e0067453_19121396.jpg
日が落ちて、
e0067453_19124074.jpg
夜になった。
e0067453_19131859.jpg
クリスマス当日。プレゼントを開けるリヴィングストン一家。
e0067453_19135625.jpg
世界で一番高いteppe(北米先住民の円錐形のテント小屋)。24階建ての高さ。夜はライトアップされてきれいだった。
e0067453_19143158.jpg
市で、一番古い教会。1912年~
e0067453_1915037.jpg
教会の後ろ側。牧師の家がくっついている。
e0067453_19192162.jpg
Medicine Hat の街並み。
e0067453_19153118.jpg
ターキーのできあがり。
e0067453_19155815.jpg
26日、おじいちゃんおばあちゃんの家での夕食。
[PR]
# by fuyu-take | 2005-12-27 19:36 | イベント

クリスマス

朝起こされ、リビングにみんなで集まった。
ツリーの下に置かれたプレゼントを開けるのだ。
私は泊めてもらってお世話になるから全員分プレゼントを用意していたけれど、
まさか私ももらえるなんて思っていなかった。
家族一人一人から、大量にプレゼントをいただいた。
その後訪ねたおじいちゃんおばあちゃんはプレゼントに加え、$20をくださった。
クリスマスプレゼント、10年振りくらいにもらって、うれしかったなぁ☆

お店はすべて休み。ガソリンスタンドと病院だけ開いているらしい。
外はすごく静かだ。人があふれ返っていたイヴのギャップが面白かった。

夜はクリスマスディナー。
ターキー、パンとたまねぎの料理、クランベリーソース、マッシュポテト、
とサンクスギビングデーのメニューと全く同じだった。

夕食までにお菓子や海老をたくさん食べさせられていた上、
ターキーも大量に食べさせられたので、
本当に気分が悪くなった。
ターキーを食べると疲れる&眠くなる
というのは本当みたいで、
映画をみながら寝てしまった。

その後もチョコレートやケーキを勧められたけれど、
必死で断った。
身長180センチ近くあるであろうミシェルと妹は、
あんなにおなかがいっぱいって言っていたのに、
食後2時間したら牡蠣を食べ始めた。か、勝てないや…。

クリスマスが終わってほっとした。
とっても楽しかったけれど、1回で十分だとおもった。
プレゼントを家族、友達全員分買うのは面倒だし、
毎年あれだけ食べていたら、そのうちカナダ人の体型になってしまう。
日本に生まれてよかった。

今日の夕方、バスでカルガリーに帰る。
明日は、兄との対面だ。
兄が日本から来ると言うと、よくみんなに「エキサイティングしてる?」
と聞かれるが、そうでもないんだよね。
何を話そうか迷っている。
だから昨日兄にメールで「何話そうか?」
と相談したら、「分からない」と返された。
長い1週間になりそうだ。
[PR]
# by fuyu-take | 2005-12-27 04:38 | イベント

クリスマスイブ

スーパーは3時で閉まる。
モールも、5時まで。
慌てて買い物をした。
クリスマスが明日に迫り、道路も店もすごく混んでいた。

夜、ミシェルの友達の家に遊びに行った。
1軒目、チョコレート、ポテトチップス、ケーキ、などたくさんお菓子が用意されていた。
たくさん食べた。
2軒目はマイケルの家。彼の友達、マイケルの父母、妹&彼氏、友達夫妻、その長女&婚約者、長男&彼女、とたくさんの人がいた。
友達夫妻の長女はカルガリー大の学生だ。それなのにもう婚約…すごいなぁ。
左手薬指に大きなダイヤの指輪が光っていて、何度も見つめていた。
超嫉妬。
じゃなくて、おめでとう☆★
みんなでゲームをした。

夜11時頃、ピザやチーズボールなどの料理が出来上がってきた。
どうやらクリスマスは、おなかが空いているかいないかに関わらず、
無理やりにでも食べなければいけないらしい。
「You have to eat until you get sick」
「Eat! Don't be shy」
など言われ、食べざるを得なかった。
 
食べて、ゲームをして、を繰り返した。
夜12時、みんなで「Merry Christmas!」
と騒いだ。
夜中2時に帰ってきた。

ミシェル家と友達2人の家で、そろって海老が出されたが、
イブに食べる定番なのだろうか。

犬、猫本当に苦手だったが、
だんだん慣れてきた。
今日は、犬をなでた。
かわいい、と思えるようになってきた。
[PR]
# by fuyu-take | 2005-12-25 19:56 | イベント

Medicine Hat  2日目

昨日、カルガリーから車で3時間半、Medicine Hatへやってきた。
ミシェルのお母さん(小学校の先生)、お母さんのボーイフレンド、ミシェルの妹(18)はとってもいい人たち。
今日はミシェルのおじいちゃんおばあちゃん(2年前に亡くなったお父さんのご両親)の家に遊びに行った。家から車で3分くらい。
「この家にはアンティークのものばかりあるの。私たちもアンティーク」。
おしゃべりな方たち。
甘~いアイスココア、チョコレート、みかん、と次から次へと食べさせてくれた。
帰りはおじいちゃんがコートを着せてくれた。「私はジェントルマンだから」と。
とても愉快だった。

Medicine Hatは小さな街。
お年寄りがカナダで一番多いらしい。
小さくて移動が便利な上、土地が安いから。

買い物したり、映画を観たり、ミシェルの友達と夜中1時までコーヒー飲んだり、とっても楽しんでいる。

だが、犬猫だけは我慢できない。
小さいころから大の苦手なのだ。

ミシェルの家には犬1匹、猫が2匹いる。
そんなこと聞いてなかったよー><
私が洗面所を使おうとすると、猫がやってきて洗面台に飛び乗り、
占領してしまう。
私は何もできず、おろおろするだけ。
じっと猫と見つめあう。
そして彼の鋭い眼光に負け、私は退散する。

猫が、食卓の上に乗るのが、信じられない。
汚いと思わないのだろうか。だって外歩いた足だよ。
犬猫をなでた手を洗わないで食事することも信じられない。
(でも、飼い主にとってペットは家族同然なだよねきっと。子どもと同じなんだよね。)

とにかく、本当に怖い。
彼らが動くたび、びくっとする。
餌あげてみる?とか、抱っこしてみる?
とか言われたけれど、断固拒否した。
無理。絶対無理!
私はミシェルの部屋で寝ているのだが、
昨日は猫が一緒だった。
寝ている間に顔引っかかれたらどうしようと心配で仕方なかった。
無事に朝を迎えることができて本当によかった。

目が異様にかゆい。鼻がむずむずする。 
猫(犬)アレルギーなのだろうか、私。
きっとそうに違いない。
あと3日、耐えられるかな。
[PR]
# by fuyu-take | 2005-12-24 19:37 | イベント

Help!!

Now, I'm in Michelle's house in Medicine Hat.
There are a dog and 2 cats.
I tried being nice to them but they didn't allow me to use washroom.
I am really scared of them but I have to sleep with a cat in a same room.
I feel sick.
I wanna go home..

HELP ME><
[PR]
# by fuyu-take | 2005-12-23 17:38 | イベント

Medicine Hat へ

昨日に引き続き、クリスマスショッピング♪
e0067453_17302322.jpg
ダウンタウンに行った。
e0067453_1731122.jpg
TDスクエアというショッピングモール。
e0067453_17314714.jpg
クリスマス前なので、いつもに比べすごく混んでいた。

年内最後のサッカーの試合があった。
前回よりもっと人は少なく、正規メンバーと助っ人が半々くらいだった。
前半、一ヶ月前に捻挫した足首をまたひねった。痛すぎた。
チームの状態はひどい。
2点3点と取られていき、5点目にはヒステリックに叫んでいた監督が
「もう耐えられない!」と急に静かになってしまった。
私は少し休んで、すぐ試合に出た。
前回、ひねったときは痛くなくてもやっちゃいけないって学んだのに、
今回は痛かったのに、出ずにはいられなかった。
馬鹿だって分かっているけどさ、
冬休みで試合しばらくないし、と思って。
そして何より、標準体重を明らかに超えたチームメイトたち、
荒く息して、すごく辛そうだったんだもん。
今氷で冷やし中。2,3日安静にしていよう。

テスト期間が終わり、カナダ人はほとんど帰省した。
私のルームメイト3人も、今日いなくなった。
私は明日からクラスメイトの実家に遊びに行く。(4泊くらい)
カルガリーから車で3時間南に行ったところにある、Medicine Hat。
観光するところはあまりないみたいだが、クリスマスディナーが楽しみ♪

(これはすごくありがたいこと。大抵留学生は、長期休み、留学生同士でパーティーするか、旅行するか、だ。それも楽しいけれどね。幸い友達に恵まれ、カナダの家庭にお邪魔する機会をたくさんいただけて、本当に感謝している。特に今回の彼女、自分のテストはとっくに終わっていたのに、私のテスト、更にはサッカーの試合が終わるまで帰省を待っていてくれた。。)

27日に兄が日本から来る予定なので、それまでには帰ってこなければ。
家族全員分のクリスマスプレゼントは買ったけれど
最初に渡すものがないので、明日早起きしてケーキを焼こう!
[PR]
# by fuyu-take | 2005-12-22 17:36 | イベント

切手を貼るのが好きな父

昨日、サッカーのチームメイトの誕生パーティーに行ってきた。
食べ物を持ち寄るpotluckパーティーだったんだけれども、
みんな味覚あるのか?と疑ってしまうほど
しょっぱすぎたり甘すぎたりするものばかりだった。
私はチキンの照り焼きと卵焼きを持って行った。
卵焼きにみんな目を丸くし、
プレゼントの耳かきに驚いていた。
耳かき、こちらにはないんだって。
帰って無性に喉が渇き、水を大量に飲んだ。

1学期間しかいない留学の友達がたくさん帰ってしまう。 
寂しい。特にいつも私に強制的に料理を食べさせてくれる子がいなくなってしまうのは悲しすぎる。考えるだけで涙が出る。
テスト勉強より友達との時間を優先した。
夜中まで語り合って、いつの間にか寝て、
朝起きて本4ページ(全部で87ページ)しか読み終わっていないことに気づいたときは、さすがに焦ったけれど、

今日の政治学のテスト、結構できちゃったよ☆
ノートをコピーさせてくれたクラスメイトのおかげ。
テストが終わってやっと冬休みだー!YAY!

開放的な気分で今夜は買い物に出かけた。
クリスマスに泊めてもらう友達の家族へクリスマスプレゼントを買った。
ラッピングのために45分待たされた。
どれだけ不器用なんだか、、。
でもとっても楽しい買い物だった。

そういえば、この前友達がたくさん部屋に来たとき、
日本から届いたダンボールをみてびっくりしていた。
e0067453_17501746.jpg
父が貼ってくれたのであろう多数の切手。71年国民体育大会記念、87年新鉄道事業体制発足記念、さようなら鉄道郵便記、など。みんなほしがるのであげた。本当はもっとたくさん貼ってあった。「これいくら分あるの?郵便局の人わざわざ数えたのかな?」と質問が殺到した。どうなの?>お父さん。
[PR]
# by fuyu-take | 2005-12-21 18:06 | 学校